※画像をクリックすると拡大されます

夜のインドマドラス(両面墨汁コーティング+OW) サムネイル画像1
夜のインドマドラス(両面墨汁コーティング+OW) サムネイル画像2
夜のインドマドラス(両面墨汁コーティング+OW) サムネイル画像3
夜のインドマドラス(両面墨汁コーティング+OW) サムネイル画像4
夜のインドマドラス(両面墨汁コーティング+OW) サムネイル画像5
夜のインドマドラス(両面墨汁コーティング+OW) サムネイル画像6
HK1000BW

夜のインドマドラス(両面墨汁コーティング+OW)

COTTON PRINTED YARN DYED FABRIC

規格 104 cm × 30 m乱
混率 C100%
目付 95 g/㎡
商品説明

✻ 生地のおすすめポイント
・インドで作られたマドラスチェックをベースに生地の両面を墨汁でコーティングしています。
・更に反物でワンウォッシュを施しヴィンテージ感を与えています。
・経年変化を楽しんでいただける生地です。

✻ Recommended points of fabric
・This is based on a madras check made in India, and both sides of the fabric are coated with sumi ink.
・The fabric is further washed in a one-wash process to give it a vintage look.
・The fabric can be enjoyed to change over the years.

注意点 ✻ 商品詳細を含む注意点になります。

素材)
インド産のマドラスチェックを使用しています。
シャトル織機を用いた柔らかい風合いの素材をベースにしています。
*注意点
40番手(中番手)の糸を使用しています。
そのため節やネップが発生しその箇所に後述のコーティングが上手く乗らない場合があります。
また糸飛びが発生している箇所があり、同様にコーティングが乗らない場合があります。
目立つ箇所にはトンボ(マーク)を付けていますが軽微な個所は省いています。
裁断時に目立つ箇所は外して頂きますようご協力ください。

製法1)
上記のマドラスチェックに対して両面に墨汁コーティングを施しています。
具体的にはプリントの技術を採用しています。
墨汁は習字に用いられる墨から硬化する成分を抜いたものにバインダー(接着剤)を混ぜたものを使用しています。
*墨汁コーティングの特徴
類似の加工方法として顔料を用いたコーティングがあげられます。
違いについてです。
墨汁は顔料より粒子が細かいため、例えば洗い加工を施したときに比較的穏やかに脱落していく傾向があります。
また今回はベース生地にカラフルな先染め生地を用いています。
コーティングが剥離するたびにベースのカラーが浮かび上がる、経年変化をお楽しみください。
*注意点
上記の通り色落ちする素材になります。
特に淡色との組み合わせのコーディネートやカバンなどの小物への擦れによる汚染には十分にご注意ください。
洗濯時も必ず他のものと一緒にはせずにケアしてください。

製法2)
さらに本商品はコーティングの後に反物の状態で洗い加工を施しています。
納品時の状態でヴィンテージ感のある素材になっています。
洗い加工は生地を窯に投入しフリーテンションで加工しています。
全体にランダムな色落ちが施され雰囲気のある仕上がりになっています。
また大小のシワ感が天然素材の素材感を強調しています。

産地)
ベース生地 インド
墨汁コーティング 広島
洗い加工 岡山

特にコーティング、洗い加工はデニムに代表されるテキスタイル産地の工場様に委託し、
クラフトマンシップあふれる商品になっています。

商品の最新状況は営業までご確認ください。
やむを得ず廃色が発生する場合があります。

資料は手で作成しているため色番号、色名が不鮮明な場合があります。
ご了承ください。
問い合わせ先 古山株式会社
TEL 053-455-1300
数量